輝き

アレクサンドラ・モートン

22年前、私はクジラ類を追うために「文化的生活」をあきらめました。シャチを追って、群れのリーダー、シミターに古い木製ボートでついて行きました。シミターは彼女の一族をカナダ、ブリティッシュ・コロンビア州にある入り江へと導きました。私はその入り江エコー・ベイに住むことにしました。

エコー・ベイには道路も電力もフェリーもスーパーマーケットもありません。あるのは、1つの教室しかない学校、週に1度郵便を運ぶ水上飛行機、約50人の素晴らしいコミュニティです。私は生物学者としてクジラの研究を続けましたが、母親としては、このコミュニティが発展してほしいと願っていました。最初のサーモン養殖場がタグボートの後ろに引かれて来た時、私はいい考えだと思いました。隣人たちがこの産業によって繁栄し、ワイルドサーモンの保護も成功するだろうと考えたのです。しかし、私は間違っていました。

サーモン養殖場では、サーモンの幼魚(スモルト)を淡水域の孵化場で孵化させ、その後、海水域にある網の囲いに移動させます。そこで幼魚を急速に太らせ、18か月後に収穫します。魚の養殖は古くから行われ、成功確率の高い方法です。しかし、今回の魚、つまりサーモンは、それまでに行われた産業的な養殖としては、おそらく初めての肉食動物です。この単純な違いが災いの連鎖を引き起こし、西カナダや、サーモン飼育場が作られるあらゆる場所の海洋生態系を破壊の危険にさらしています。

養殖サーモンの餌にするために、海に残された最後の食用に適した小さな群泳魚(ブルーホワイティングなど)が捕獲され、油に精製され、加工成型され、包装され、輸送され、その後、海中へ投げ戻されます。膨大な燃料が消費され、生態系で食物連鎖に不可欠な魚が欠乏する一方で、この餌が投げ込まれた海域では食べ残しや糞便が過度の負担となり、有毒な藻類が発生する原因になります。これらの赤い色をした藻類の発生は、「許容量オーバー」を知らせる警告灯です。また、氷河が後退した以降、今、最もサーモンの病原体が増加しています。防疫対策を実行できる陸上の農場とは異なり、海に開けた網の囲いでは、防疫は不可能です。養殖場の囲いは、病気の魚や感染した魚を除去する捕食者を排除しますが、ウィルスやバクテリア、寄生虫などは自由に出入りできます。速い流れがそれらを囲いの中に吸い込み、大量の魚や魚の排せつ物が含まれる水中で増殖させます。やがて、同じ流れに乗って吐き出された、数千倍に増えた病原体が、野生の魚に襲いかかります。その威力は魚に備わる抵抗力を超えています。

優秀な飼い犬と同じくらい賢いアザラシは養殖サーモンを捕まえ、網越しにその柔らかい身を吸い取ります。養殖業者はそのアザラシを撃ちます。1990年代初頭には、アザラシを傷めつけるように意図された音の放送も試されました。この実験により、非常に繊細なシャチの全個体群がいなくなり、クジラ研究者の私は、クジラがいない場所に取り残される結果となりました。

今、手つかずの原野に入って行くすべての生物学者は、すでに私と同じ状況にあるか、これから同じ状況になるでしょう。私たち全員が自身に問いかけます。養殖企業が町に来たらどうすべきか、と。企業の目的は、生態系という資源をできるだけ早くお金に変えることです。電池をショートさせるようなものです。壮大な一瞬の閃光を売り、使い切って、無用になった電池を後に残します。生態系から生態系へと移動し、閃光を吸い上げると、次に進みます。後に残されるのは、活力を失い、破壊され、機能しなくなった生態系です。今回のケースでは、海の力を下水道管として利用し、回遊する魚を囲いの中で育てます。ワイルドサーモンが閃光の燃料になっているのです。

これは、かつては共有資源だったサーモンが、企業に独占された一例です。ワイルドサーモンの生息地は、生態系に富んだ川や沿岸です。重要なのは、そこで、石油備蓄などさまざまな開発が行われてしまうことす。ワイルドサーモンが破滅しても、企業は代償を払おうとしません。企業は言うのです、サーモンの養殖から得られる利益は非常に少なく、病原体の流出を防ぐ閉鎖式のタンクを導入して野生の魚を保護する余裕はない、と。企業にとってワイルドサーモンは市場での競合相手であり、企業が競合相手を助けることはほとんどありません。

私は、この養殖場の規制を政府に要請し続けました。10年間続けましたが成果がなく、私は、この業界による影響を測定し、公開することにしたのです。誰からの影響も受けずに実行するために、無償で行いました。大昔から続くパシフィック・サーモンと川との関係に対する、大西洋の養殖サーモンの侵害や、明らかなカナダ漁業法違反になるシャチの生息個体群の排除、養殖場近隣におけるカレイ類の眼球寄生虫感染、そして、増殖したウオジラミがワイルドサーモンの幼魚を食い殺している現状を公開しました。
自然な環境では、成長したサーモンと稚魚が出会うことはありません。産卵を終えたサーモンは、寄生するウオジラミと共に川で死にます。春には、シラミがいない環境で新たなサイクルが始まります。しかし、病気が拡大する典型的なケースとなった今は、回遊しながら戻ってきたワイルドサーモンがウオジラミを養殖サーモンにうつします。そのシラミは大量の宿主がいる囲いで増殖するのです。

私は毎春、シラミで死んだ若いピンク・サーモンを記録しています。これらのサーモンは、東太平洋で重要な役割を担っています。たった2年しか生きず、食物連鎖の下部で捕食する彼らは、地球に残された最も上質なタンパク源の1つです。その膨大な数が、大量の貴重な海洋栄養素を山へと移動させ、他のサーモンやクマ、ワシ、オオカミ、そして人間の食べ物になります。私は今、この魚は神聖なものだと考えています。母の日には、この地域に住むすべての人は、海や川、流し台の蛇口で水に触れるという習慣があります。水は絶え間なく流れ、この魚の安全な道中を先住民から観光事業者、地域住民に至るまで、皆が祈ります。

書くことで私は、カナダ漁業法の下でシラミの実態を法廷で明らかにし、ピンク・サーモンの本当の姿に対する人々の理解を深めようと試みています。その姿は生態系を動かす不可欠の輝きなのです。政府が、地球の重要な働きを保護していないことは明らかなので、私は皆さんに向けて書きます。何かを変えたいと願うのなら、養殖企業のサポートをやめてください。養殖サーモンの購入をやめてください。食料品店で、野生のそして最も健康的なピンク・サーモンを求めてください。私たちは皆、個の力しかありませんが、それは誰もが皆、持っている力なのです。

アレクサンドラ・モートンは、カナダのブリティッシュ・コロンビア州で資格を持つ生物学者であり、クジラや太平洋沿岸での生活、そしてサーモン養殖に関するさまざまな本の著者です。彼女の研究は、raincoastresearch.orgで見られます。