A basket of organic tomatoes at the farmers' market

食べたものが自分の身体になる。これは子どもの頃に多くの人が教わった、シンプルな教えです。それにもかかわらず、今、私たちがどうなっているか見てください。巨大な産業農場が、化学企業により製造、所有された種子を使い、遺伝子組み換えを行った大豆やトウモロコシを何千エーカーも育てています。キングサーモン(マスノスケ)の遺伝子と他の種である海の大頭の魚のDNAをアトランティックサーモン(タイセイヨウサケ)に組み込んだ、遺伝子組み換え(GMO)フランケンフィッシュ(人造魚)を開発している企業もあります。農薬を散布する時期に農業地帯を訪れると、防護服を着た農夫たちが有毒な除草剤、殺菌剤、殺虫剤を作物に吹き掛けているのを目の当たりにすることでしょう。米国だけで、毎年約4.5億キログラムもの農業用殺虫剤が使われているとされています。そして、それを私たちが食べることになるのです。

もちろん果物や野菜は洗えますが、農業用殺虫剤は散布される前に「展着剤」と呼ばれる化学薬品を混ぜて使われることが多いのです。この展着剤は、雨で殺虫剤が流れ落ちないようにするためだけに使用されます。これでもまだ、水道水でさっと洗い流すだけで、リンゴについた農薬をすべて落としきれると思いますか。家畜に与えられる飼料に含まれる薬剤、合成ホルモン、化学肥料といったものはどうでしょう。どうやってこれを洗い流せるというのでしょうか。

食べたもので作られる私たちの身体。今こそ、農業関連事業に携わる企業に、遺伝子が操作され、手を加えられ、化学物質にまみれたものを私たちは望んではいないと訴える時なのです。フランケンフィッシュや遺伝子組み換え大豆など欲しくはありません。私たちは合成ホルモン漬けの鶏肉、抗生物質まみれの養殖サーモン、ゴミゴミした飼育場で育った牛肉が身になることを夢見て育ってなどいないし、おそらくもっと重要なのは、子どもたちにそうなってほしくないのです。

苦労と共に従来の農業の教訓を学んだパタゴニア。1988年、パタゴニアのボストン店の従業員が、Tシャツが新たに入荷するたびに頭痛に悩まされるようになります。この問題を「解決」してくれる換気業者は、当社のコットンシャツから出るホルムアルデヒドの排出ガスが原因だと言うのです。そして、当社が使用している繊維の研究に徹底的に取り組んだところ、非常に驚くことに、綿は、収穫、加工、製造時と最後の最後まで化学物質を使っているため、最悪であることが分かります。

Farm with people harvesting and a beets sign in the foreground

パタゴニアがコットン衣料を作り続けるのであれば、有機的に栽培、加工を行った綿にシフトしければならないという決断に至るのは簡単でした。しかし当時は、サプライヤーに電話して、オーガニックコットンを注文すればいいだけというわけにはいきませんでした。オーガニックコットンを扱うところはほとんどなかったため、自分が必要としているものを手に入れるために自ら知識を得て、農場から工場まで1つ1つの工程に沿ってサプライヤーと連携するまでに何年もの月日を費やしました。そして1996年に、まさに新しいサプライチェーンを構築して、パタゴニアのコットン衣料の全ラインで、オーガニックコットンを使用するという目標を達成したのです。このことは、パタゴニア史上、最善の決断の1つとなりました。

しかし問題は、食物に関して言えば課題というより、もはや一刻を争うことです。人々は衣服よりも食物とかなり密接に関係にしています。食はまさに命の源であり、身体を維持し続ける燃料であり、友人や家族と共有するという文化ならではの喜びでもあります。それにも関わらず、現在の食品産業サプライチェーンはかなり複雑で込み入った形になっており、自分の食物の出処はもちろんのこと、誰が育てたり獲ったりしているかを知ることはほとんどできません。さらに言えば、それがこれまでに地球に害をもたらしてきたかもしれないのです。

農業は世界の最大産業であり、10億人以上の人々が携わっています。しかし、化学物質が主導する「緑の革命」はもはや機能しません。かつてないほど多くの人々に食を提供していることを考えると、その犠牲は膨大です。世界保健機構(WHO)が年間300万人の人が農業用殺虫剤の毒に苦しんでいると見積もる一方、害虫の抵抗力はますます強くなっています。1940年代、米国の農家は害虫により作物の7%を失いましたが、1980年代以降、殺虫剤の使用が増えているにも関わらず、その損失は13%にまで増えているのです。

有機農業は正しい道への第1歩。その土地に適応する植物、輪作、改善した栄養再循環、新しいものと従来のものを採り入れた栽培技術を採用することで、小規模の土地でも高い収穫量を生み出すことができます。ブラジルの農家は、緑肥やマメ科植物の被覆作物を利用して、トウモロコシと小麦の生産量を倍にし、メキシコの小さなコーヒー農園の多くは、有機栽培に移行することで生産量を倍にしました。こうした事例はたくさんありますが、結果が出るまでには時間がかかります。ミュンヘン工科大学による最近の研究で、有機農業は従来の農業に比べて、生産単位あたり約20%も温室効果ガスの排出を抑えることが明らかになりました。ロデール・インスティチュートは、有機的に管理された土壌がその排出分よりも多くの二酸化炭素を封鎖することができることを発見しました。もちろん、単純かつ容易な解決策はありません。しかし、私たちが地球の気候変動、干ばつの増加や化石燃料の供給減少に直面していることを考えると、明らかに今が、私たちの食料サプライチェーンを考え直す時なのです。パタゴニアは、オーガニックがその始まりに適していると考えており、第2の「緑」の革命が健やかな生活の場を作りつつ、世界の人々に食をもたらしてくれると信じています。

とはいえ、地球にいいからという理由でオーガニック食品を食べる必要はありませんし、多国籍化学企業や農家の人々に抗議するため、または遺伝子組み換えの取り組みへの反対を支持するためにオーガニック食品を食べる必要はありません。「正しい」ことをするのですから、そのようなことを考える必要は一切ないのです。もっと個人的な理由でいいのです。

organic wheat growing in a field

身体にいいオーガニックの肉や野菜。調査によると、オーガニックの果物や野菜は、従来の栽培法による同じ製品に比べて、抗酸化物質の含有量が高いことが分かっています。例えば、科学誌『プロスワン(PLOS ONE)』の最近の研究によると、有機トマトは、従来のトマトよりもビタミンC含有量が50%も高いことが明らかになっています。乳製品では、オーガニック牛乳は、従来の牛乳に比べて有益なオメガ3脂肪酸が多く、オメガ6脂肪酸もより健康に良い割合で含まれていることが明らかになっています。また、さらに重要なことに、『フードコントロール(Food Control)』誌と『ミートサイエンス(Meat Science)』誌の両誌で発表された調査では、オーガニックの肉に比べて従来の肉には抗生物質が効かない細菌がたくさん含まれていることが分かりました。どんな食物の栽培法がいかに身体にいいのか、それが直接影響することを私たちは直感的に知っており、それを科学が証明しています。

より美味しくもあるオーガニックの肉や製品。オーガニックの果物や野菜は窒素含有量が低く、抗酸化物質の含有量が高いため、より深い風味が生まれます。同じ理由から、オーガニック製品は長く保存ができ、食卓でもより美味しく味わうことができます。放し飼いの家畜には、育った土地ならではの独特な風味があります。大量生産のために考案された従来の栽培法による食物が、風味を犠牲にしているということは、さほど驚くことではありません。

しかし、なんといってもオーガニックを考える最大の理由は、子どもの頃に学んだあのシンプルな教え「食べたものが自分の身体になる」に立ち返ることにあります。選択肢があるなら、風味、繊維、複合糖質が豊富なオーガニック全粒粉、抗酸化物質とビタミン類が豊富なオーガニックケール、天然の甘みがはじける地元のアプリコットを選ぶでしょう。私たちは天然のソッカイ・サーモン(ベニザケ)、自由に動き回り草を食べる牛、長く根付いた多年草小麦を食べたいのです。それが、私たち自身そして子どものために求めているものなのです。つまりは、食べたものが私たちの身体になる。それ以上でも以下でもありません。