ご注文はパタゴニア オンラインショップ

シーフードを食べることは複雑になりがち
パタゴニア プロビジョンズにできることは?

調達する
買う
楽しむ
学ぶ
商用シーフードのサプライチェーンは複雑で、信頼性に欠ける情報が多くなりがちです。パタゴニア プロビジョンズでは、私たちが住む地球を守るためのビジネスに取り組むようになってから、世界屈指の科学者やWild Fish Conservancy(ワイルドフィッシュ・コンサーバンシー)などの保護団体と連携して、当社ならではの「シーフードソーシング・クライテリア」を設けています。これは、非常に厳重かつ透明性が高く、立証できる魚介類の調達基準です。パタゴニア プロビジョンズの「ムール貝の調達先」のページでは、この基準に従いながら、当社がどのように魚介類の調達先を決めているかをご紹介しています。
私たちが消費するすべての物に、その背景があります。自然保護や責任ある食に傾倒している保護活動家、シェフ、漁師、生物学者、作家によるパタゴニア プロビジョンズのシーフード食品に関するコラムをご覧ください。 Learn More
パタゴニア プロビジョンズでは、当社の品質、地球にやさしい取り組みに対するコミットメントに賛同する人たちからシーフードを入手すべく、調達先を厳選しています。Shop Our Seafood
責任を持って調達した美味しいサーモンやムール貝は、数え切れないほどの食べ方で楽しむことができます。Get Inspired

野生の魚を守る

孵化場と囲い網養殖場は世界中で野生魚を絶滅へと追いやっています。人間は自然に勝るのでしょうか。魚や川を含めた生態系の健全性を取り戻すことは、自然と、それらからあらゆる恩恵を受ける私たち人間に、一様に利益をもたらします。野生種をすべて失えば、私たち自身を失うことになります。

署名する

読む

ライター、生物学者、シェフ、漁師、保護活動家によるストーリーやエッセイ。

サーモンの意義

太平洋岸北西部の天然サーモンは、持続可能性において、その土地、栄養源、コミュニティ、そして深い教訓を表します。

ムール貝の意義

ムール貝は、私たちに食を提供しつつ、海を生き返らせることもできます。

情報に基づいて食べる

あなたのシーフードがどこから来るのか知ろう
質問し、情報に基づいて食べよう

適切に管理された、孵化場のない漁場からの野生サーモンを買おう。たとえば、アラスカ州ブリストル湾のベニザケ、ワシントン州ラミ島のリーフネット漁によるピンクサーモンなどだ。

アトランティックサーモンやスチールヘッドを買わないようにしよう。それらはたいてい、囲い網養殖場や、絶滅の危機に瀕した漁場から収獲されている。

1餌と二枚貝を食べよう。ニシン、イワシ、スメルトなど、食物連鎖の底辺にある小型の魚を食べるようにする。ムール貝、牡蠣、二枚貝は、養殖地の水質を向上させ、他の水性生物の生息地をも提供する。

外洋の頂点捕食魚を食べないようにしよう。食物連鎖の頂点にあるメカジキ、本マグロ、チリアンシーバスといった大型魚は、乱獲されがちなうえ、高レベルの有毒化学物質を蓄積している可能性がある。

私たちのパートナー


ワシントン州デュヴァルにあるWild Fish Conservancy(ワイルドフィッシュ・コンサーバンシー)では、パタゴニア プロビジョンズの仲間たちが、天然サーモンを守るために必要な科学的、法的、政治的見地から懸命な取り組みを行っています。パタゴニア プロビジョンズは、同団体の努力をサポートすることを誇りに思っており、当社独自の非常に厳しい「ワイルドサーモンソーシング・クライテリア」を設けて彼らに協力しています。Wild Fish Conservancyやその他の魚介類保護団体のおかげで、皆さんは当社のワイルド・ピンク・サーモンやワイルド・ソッカイ・サーモンを食べることで、真の意味での持続可能な漁業、そして天然サーモンの未来を支えていることになるのです。