世界で最も厄介といえる食品原材料の調達の課題。皆さんは、どのように取り組んでいますか。パタゴニア プロビジョンズの課題は、持続可能な食用サーモンの漁場を探すことでした。ありがたいことに専門家のアドバイスや知恵を借りることができ、何年も懸命に調査を重ねながら、彼らと連携して、当社の事業が天然資源の利用を最小限に抑えるだけでなく、実際に天然サーモンの個体数に良い影響をもたらすことができる産地を特定しています。

a film by Darcy Turenne

私たちは、豊富とはいえない魚類であるサーモンの回遊が無事に続行できるよう、選り抜きの漁獲法で天然サーモンを獲っている健全な漁場を探してきました。その漁獲法は、しばしば昔ながらの方法だったり、現代の水産業よりも労働力に頼るものだったりするのですが、より品質の高い魚を生産します。パタゴニア プロビジョンズは、強い責任感で漁業に臨む漁師をサポートすることで、危機に瀕しているサーモンの個体数の復活、そして地元経済の発展の手助けをしています。

しかしながら、これは容易なことではありません。天候の変化、遠洋漁業、人工開発、資源の採取など、ここに挙げたのはわずかですが、私たちの手でコントロールできない理由で、与えられた流域のサーモンの個体数は変動します。遺伝子の研究や優れた個体数評価から、漁獲法や漁場の発展に対するニーズが変化していることが明らかになっています。

パタゴニア プロビジョンズのサーモン漁獲が、ほぼ絶え間なく変化する業界の中で持続可能なものであり続けることができるよう、私たちは最も高名な魚類生物学者、自然擁護団体や当分野の非営利団体のチームを組み、学んでいます。彼らと連携できることを光栄に思います。

各製品の現在の原材料調達に関する具体的な情報は、それぞれの製品ページをご覧ください。