apple pay buttonapple pay buttoncheckcheckchevron downchevron downcircle infocircle infocta circle checkcta circle checkcta link arrow leftcta link arrow leftExpandexpand iconHelpfulIcon of a happy faceiTunesiTunes Logolock lockedlock lockedlock unlockedlock unlockedmap pinmap pinminusminusnavigation primary cartnavigation primary cartnavigation primary cart fullnavigation primary cart fullnavigation primary hamburgernavigation primary hamburgerNetflixNetflix LogoLoading ...Patagonia Loading Iconpausepausepaw eventpaw eventpaw petitionpaw petitionpaw volunteerpaw volunteerpayment amexpayment amexpayment applepayment applepayment card amexpayment card amexpayment card apple paypayment card apple paypayment card discoverpayment card discoverpayment card mastercardpayment card mastercardpayment card paypalpayment card paypalpayment card venmopayment card venmopayment card visapayment card visapayment mastercardpayment mastercardpayment paypalpayment paypalpayment visapayment visapaypal buttonpaypal buttonPrintPrinter Iconproduct checkproduct check?rating fitrating fitrating star filledrating star filledrating star outlinedrating star outlinedUnhelpfulIcon of a sad faceshareshareshopping bagshopping bagshopping bag filledshopping bag filledshopping tool carat downshopping tool carat downsocial facebooksocial facebooksocial instagramsocial instagramLinkedInLinkedIn Logosocial pinterestsocial pinterestsocial twittersocial twitterthumbs downthumbs downthumbs upthumbs upvolume mutedvolume mutedvolume unmutedvolume unmuted arrow expandarrow expandburgerburgerchevron down bigchevron down bigchevron leftchevron leftchevron rightchevron rightchevron sliderchevron slidercta circle searchcta circle searchcta circle xcta circle xellipsesellipsesinfoinfopro logopro logopro logopro logologologonavigation primary searchnavigation primary searchnavigation primary xnavigation primary xplayplayplusplussearchsearchxx

ワイルド・ソッカイ・サーモン

産卵のために川を遡上する野生のソッカイ・サーモン(ベニザケ)。河口付近では、その体は銀色に輝く青みがかったグレーでつやつやしている。アラスカ州ヤクタット Photo: Amy Kumler

パタゴニア プロビジョンズのワイルド・ソッカイ・サーモンは、アラスカの氷に覆われた海域で行われる地域密着型の漁業から生まれます。漁は外洋ではなく河口付近で行われるため、元気なサーモンだけを選んで捕獲することができます。ソッカイ・サーモン(ベニザケ)の鮮やかなオレンジ色は、動物性プランクトン(オキアミと呼ばれるエビのような甲殻類を含む)を餌としているためです。味わい深く、身が引き締まり、たんぱく質とオメガ3脂肪酸を含む栄養価の高いこの魚は、あらゆる場面で楽しむことができます。

持続可能なワイルド・ソッカイ・サーモンとは?

地球上で最大の食糧資源のひとつである野生のソッカイ・サーモン(ベニザケ)は、その捕獲方法が将来にわたる生存を保証し、周囲の生態系も保護するものであれば、持続可能であると言えます。科学的根拠に基づき、私たちは豊かで適切に管理された野生のソッカイ・サーモンからのみ捕獲し、過剰に漁獲される魚種の混獲は避けています。こうすることで、古代から続く海から川へのサーモンの循環を継続させ、小さな微生物から2トンもの大きさのグリズリーまで、無数の生き物の餌となっているのです。そして私たち人間にも美味しくて健康に良いソッカイ・サーモンを提供しています。

栄養:海のスーパーフード

アラスカ州ヤクタット近郊のシタック川河口で責任ある方法で捕獲された最高品質の野生のソッカイ・サーモン。 Photo: Amy Kumler

野生のサーモンは優れたたんぱく源であり、パタゴニア プロビジョンズのワイルド・ソッカイ・サーモン1食分には950mgのオメガ3脂肪酸が含まれています。

ソッカイ・サーモンは、炎症を抑え、カルシウムの吸収を調整する栄養素であるビタミンDを自然に多く含む数少ない食品の1つです(1食あたり1日摂取量の140%)。一価不飽和脂肪(別名「良い脂肪」)とポリフェノールを含むオーガニック・エキストラバージンオリーブオイルは、抗酸化作用や抗炎症作用の可能性を研究されています。

Photo: Thomas J. Story
さらに見る +

サーモンの調達:場所のパワー

ブルック滝に飛び込んで産卵のために遡上するサーモンを捕食するブラウンベア。アラスカ州カトマイ国立公園 Photo: Amy Kumler

場所に根ざした漁業は、野生のサーモンのすべての遡上または系群が産卵のために生まれた川に戻るよう進化してきたという知識に基づいています。この古代のサイクルを尊重し、守りたいという願いから、この漁業は行われているのです。

パタゴニアの創業者であるイヴォン・シュイナードは、「サーモンを守りたいのなら、サーモン産業を変えなければならない」と語ります。「そしてそれは特定の場所から、あるいは絶滅の危機に瀕したサーモン資源の混獲を減らすことのできる技術で漁獲することを意味する」と。産業的なサーモン漁の多くは外洋で行われますが、外洋では異なる群れが混ざり、どこから来たサーモンなのか判別できません。一方、場所に根ざした漁業は原産地の河川やその周辺で行われます。パタゴニア プロビジョンズのワイルド・ソッカイ・サーモンはアラスカ州ヤクタットのシタック川で獲れたものです。タイミング(特定のサーモンの遡上が予想される時期)と技術(浸水時間の短い定置網)の組み合わせにより、私たちのパートナーは、チヌークやコーホーといった乱獲種への被害を最小限に抑えながら、漁獲を維持できるソッカイ・サーモンを探し出すことができるのです。

アラスカ州ヤクタット近郊のサーモンボート。ソッカイ・サーモンの遡上は通常6月下旬から7月上旬にピークを迎えるため、ボートはソッカイ・サーモンだけを狙って効率よく漁獲することができる。 Photo: Amy Kumler
さらに見る +

環境:未来へつなぐ漁業

シタック川の河口付近で、ソッカイ・サーモンを狙う短い刺し網の定置網を岸から伸ばしているサーモン船。数時間後には引き揚げられ、丁寧に魚を取り出して氷漬けにされる。アラスカ州ヤクタット Photo: Amy Kumler

アラスカ州ヤクタットのシタック川で獲れた野生のソッカイ・サーモンは、混獲を最小限に抑え、サーモン資源を繁栄させる技術で捕獲されています。

私たちの漁業パートナーは、一端が岸に、もう一端が水面から約120フィート離れた場所に固定した短い刺し網を使用します。水中を漂う流し網とは対照的に、定置網は特定の種類のサーモンに的を絞ることができます。網は数時間ごとにチェックされ、捕獲したソッカイ・サーモンはすべてすぐに氷の上に置かれ、しっかりとした食感を保ち、品質を最大限に高めます。

サーモンは一匹ずつ引き揚げられる。アラスカ州シタック川 Photo: Amy Kumler
さらに見る +

歴史:大移動

ソッカイ・サーモンは産卵場所に近づくと、肉に含まれる赤橙色の色素が皮膚に移行し始める。この鮮やかな色は、自然が彼らに産卵の準備ができていることを示すものかもしれない。アラスカ州ブリストル湾 Photo: Ben Knight

太平洋岸の晩夏は、野生のサーモンが海から生まれた川に戻ってくる季節であり、アラスカから南カリフォルニアの生態系、経済、文化に大きな波及効果をもたらしています。

産卵のために川を遡上するサーモンは、時には1,600キロメートル以上もの距離を移動しますが、これは海の豊富な栄養分をアメリカ西部の内陸部に運ぶという自然の営みなのです。この栄養分はクマやオオカミ、昆虫、そして最終的には森林にいたるまで、あらゆるものの栄養源となります。少なくとも過去1万年の間、サーモンは人類を養い、西海岸の人々の文化や経済を形成してきました。

しかし過去100年の間に、野生のサーモンの膨大な遡上は乱獲、開放式ネットペン(囲い網)養殖場による汚染や寄生虫、そして孵化場での放流による遺伝子の希釈によって壊滅的な打撃を受けてきました。けれども奇跡的にいくつかの野生のサーモンの遡上は今もなお繁栄しつづけています。私たちは、これらの豊富な種のみを対象とし、責任あるレベルで捕獲することが、サーモンを未来に残すための鍵であると信じています。それが、この素晴らしい魚を楽しみながら、その生存を確保する唯一の方法なのです。

回遊するサーモンはオオカミを含むあらゆる生物の餌となる。ブリティッシュ・コロンビア州グレート・ベア熱帯雨林 Photo: Ian McAllister
さらに見る +

パートナー:科学が導くもの

新しいサイクルが始まる:フレーザー・リバー上流で孵化したソッカイ・サーモンの稚魚は、太平洋へ向かう途中、ディスカバリー諸島を通過していく。 Photo: Tavish Campbell

私たちは、専門家の指導と知恵を借りながら、持続可能な商業用サーモン漁を見つけるために何年もの研究を重ねてきました。現在私たちが採用している責任ある調達方法は、〈ワイルド・フィッシュ・コンサーバンシー〉とのパートナーシップにより開発されたものです。

パタゴニア プロビジョンズのサーモンはすべて、孵化場飼育やネットペン(囲い網)養殖ではなく、野生の自立した個体群から漁獲されなければなりません。健全な科学が魚の個体数とニーズを評価でき、混獲を最小限に抑える技術、場所、タイミングを使用する場所に根ざした漁業のみと協力します。また、魚の一匹一匹を丁寧に扱うことで食味を高め、環境と人間社会の健全性を維持する漁業を優先しています。最後に、プロビジョンズのサーモンはすべて、魚種、漁獲場所、使用された漁具の種類を明記したパッケージなど、完全な透明性を持って販売されています。

〈ワイルド・フィッシュ・コンサーバンシー〉のエグゼクティブ・ディレクターを務めるカート・ビアズリー氏は、私たちがサーモンの調達基準を策定するにあたり、貴重な専門知識を提供してくれました。ワシントン州ピュージェット湾 Photo: Amy Kumler
さらに見る +

ショップ:ソッカイ・サーモン

ワシントン州ルミ島での誕生日祝い。誰もケーキを必要としなかった。Photo: Amy Kumler

脂がのった野生のソッカイ・サーモンを軽く塩漬けにして広葉樹でスモークしました。

美味しいレシピ

サンフランシスコとカリフォルニア州ミルバレーにある「フック・フィッシュ・カンパニー」の創業者であるボー・カイユエットは、ワイルドサーモンのストリートタコスにラディッシュのピクルスを添えて提供してくれました。 Photo: パタゴニア プロビジョンズ

メールニュース登録で送料無料

プロビジョンズ製品の最新情報や、食の流れを修復するための
美味しい解決策などをお届けします。

メールニュースにご登録いただくと、
プロビジョンズ製品のご注文時に送料無料になる
プロモーションコードをお配りしています。

メールニュース登録